foto1
foto1
foto1
foto1
foto1
お問合わせ
labo@pan-records.com
Pan Records

戦前ブルース音源研究所

Pre War Blues Laboratories

更なる検証の一例として、録音日時や場所、そして曲中の音程測定の結果をご紹介します。

表記の数値は半音100セントを6.0のピッチコントロールで合わせた簡易的な数値です、
0.1は1.666セントとなります。

(-マイナス表示は 一番近いキーに回転をマイナス(遅く)して合うということです)

**********************************************
 
1927年 8月11日(火) ニューヨークでの録音
「 Mean Old Bedbug Blues 」
曲のキーは Ebがもっとも近い。 実際には4分の1半音高いです。

数字で表してみます、半音100セントを6.0のピッチコントロール数値に変換してあります。
 
イントロから -1.5、 15秒-1.0、  30秒 -0.8 、 45秒 -0.5 、1分 -1.7、2分 -1.8
 
**********************************************
 
1927年 4月25日 モンタナ州 セントルイスでの録音  
「I Done Told You」 当時録音はしましたがレコード(Okeh)としては 販売されませんでした。

キーは 同じくEbですが これまた1/4半音高い。
 
イントロ -1.8、15秒 -1.8、1分-2.0、 1分30秒 -2.4、 2分 -2.0、 2分50秒 -2.1
 
**********************************************
 
1928年 11月17日(土) ニューヨークでの録音
「Have To Change Keys - To Play These Blues キーは D です。

この曲は ジャズファンならご存知であろう Eddie Langとの見事なツインギター演奏です。
 
ロニーは 12弦のギターを弾いております。
 
イントロ -1.1、 50秒 -0.9、1分50秒 ソロを交代します、 2分 -1.1、2分22秒ソロ交代 -0.9
 
**********************************************
 
1929年 5月7日(火) ニューヨークでの録音
「Guitar Blues」 同じくEddie Langとの演奏 キーはDですが 今度は逆に 約1/4半音低いです。

平均して +1.8程度です。
 
**********************************************
 
もう一曲 1930年 1月7日(火) ニューヨークでの録音
「She's Making Whoopee In Hell Tonight」

キーはどちらかと言うと Ebに寄ってます(1/2半音が3.0ですので)が Dに合わせてマイナス表記で考えます。
 
イントロ -3.4、 30秒 -3.7、 1分 -3.9、 1分30秒 -4.0、 3分 -3.8、
 
**********************************************
 
この音程は すべて私の耳で聴き取った音程であり、
正確とは言えないと思いますのであくまで 参考になればと思います。
さて このように統計を取ってゆくと見えてくることがいくつかございます。


既にお気付きの方もいると思いますが、再生が78rpmだと信じれば
78rpmで録音されたと思われる曲は上記例の中にはございませんでした。
 
音程の誤差は 半音の4分の1程度であるので聴いていてもよほどの
絶対音感のある音楽専門家でなければわからないかも知れません。

しかし、基準の音から高い再生曲もあれば 逆に低い再生曲もあります。
さらには 得意のDのキーの演奏もあれば、それよりも半音高い音程の曲もあります。


例えば 1/2半音ずれている曲は 高いキーか低いキーか? 
どちらが本当の演奏でしょうか?

この様に統計を取ってゆくとロニーの演奏にはEbに近いキーが多いです。
演奏をするにはドロップDチューニングに対して全部の弦を半音高くチューニングするか、
またはカポタストを1フレットに装着しなくてはなりません。



ロニージョンソンという人の写真は複数枚存在しております、60年代の映像もあります。
しかしカポタストを使用した写真はございません。


インストの曲をわざわざ演奏しにくいキーに変えて 録音に臨む必要があったのでしょうか?

私は これらのキーは D の演奏であったのではないかと想像します。


もしくは更に半音のローチューンの可能性だってあります。

すると上記の参考曲の中には更に半音の回転誤差があったようにも感じられるのです。

これらの数値を良く覚えておいて下さい。

 キーより僅か1/4半音程度高い曲、またはその逆にキーより僅か1/4半音程度低い曲、
そして1/2半音程度の誤差の曲・・・・ 
さてさて 皆さんはどのように思いますか? 


しかし、私のロニー・ジョンソンへの疑問?は払拭できません。

本当に私達が知っているロニー・ジョンソンがあの超絶ギターインストを演奏したのでしょうか? 

あれほどのギターの腕前であったロニーは何故エレキギターの時代に
ジャズギターの演奏をしなかったのでしょう?


私達が知っているあの男にドロップDの超絶インストギターは弾けないと思うなぁ・・・

別人のように思えてならい。 


何かカラクリがありそうだ。





Copyright © 2019 戦前ブルース音源研究所 Rights Reserved.