foto1
foto1
foto1
foto1
foto1
お問合わせ
labo@pan-records.com
Pan Records

戦前ブルース音源研究所

Pre War Blues Laboratories



1. Dying Blues / Leola B Wilson _Blake
2. Ashley St. Blues / Leola B Wilson_Blake
3. Early Morning Blues 2668_2
4. West Coast Blues 2669_3
5. West Coast Blues 3056_1
6. Early Morning Blues 3057_2
7. Come On Boys Let s Do That Messin’ Around Take_2
8. Skeedle Loo Doo Blues Take_1
9. Bad Feelin’ Blues
10. Dry Bone Shuffle Take_2
11. That Will Never Hapen No More
12. Hard Road Blues
13. Hey Hey Daddy Blues
14. Sea Board Stomp
15. You Gonna Quit Me Blues
16. Wabash Rag
17. New Style Of Loving
18. Too Tight Blues No,2
19. I was Afraid Of That Part_2
20. Georgia Bound
21. Guitar Chimes
22. Blind Arthur s Breakdown

ブレイクのSP盤音源を使用した 録音回転速度再生アルバムが遂に完成しました。
収録曲目は、上記の通りとなっております。

ウェブストアーにて、会員の皆さんへの有料配布となります。
当研究所の資料音源は、一般ショップでの取扱は現在のところございません。

SP盤は、現存する状態の良い盤も少なく 収集には何年もの歳月がかかりました。
また、希少価値故 購入に際しましては一枚10万円を超える盤も当然御座います、
SP盤(シェラック)音源はLPレコードやCDの音源とは 大きく異なります。

シェラック盤は、新品の状態であってもある程度のノイズを発生してしまうという性
質があります、そのノイズを感じ難くするために、イコライザーを意図的に掛けた
音がLPレコードやさらにデジタルリマスター処理をしたCDなどの音質です。

シェラック盤に転写された音に集中すれば、その素晴らしさに心が揺さぶられ、自
らの聴覚能力はノイズフィルターとしての機能を発揮するのです。

ブラインド・ブレイクのSP盤音源集を聴くだけでも感無量ですが、このアルバムは
私(菊地明)の人生の半分を掛けた ブレイク検証の集大成と言っても良いです。

私達の検証の結果、導き出された録音回転速度での再生となっております。
この様な主張をハッキリと残し、製作されたアルバムは世界中にございませんで
した。

皆様 ご支援 応援 心より感謝申し上げます。 遂にブレイクを蘇らせます。

クリスマスに 間に合いそうです。 BSR103号を読みながらブレイクの真実を知っ
て下さい。

一年前より ご予約を下さった皆様心より感謝申し上げます。
12月10日 より、下記ストアーにてご注文手続きを開始の予定です、20日よりご発送の運びにしたいと
考えておりますので、銀行お振り込みの皆様 お早目のお手続きを行って下さるとクリスマスまでに到着
すると思います。 (あぁ 遂にここまで来たかぁ・・・ 予定通り仕上がって来てくれよ~ブレイク。)
(2011年12月1日)





Copyright © 2019 戦前ブルース音源研究所 Rights Reserved.